手書き地図アワード2022


 
 

 

手書き地図アワード2022開催のお知らせ

〜めざせ!君たちだけの物語〜

 

株式会社ロケッコが運営する手書き地図推進委員会は、「手書き地図アワード2022」を開催することにいたしましたのでここにご案内申し上げます。

■手書き地図アワードとは

地元愛に満ち、作者の独自の視点で描かれるため手書き地図は、まるで物語のように街を愉しむことができる地図の形をした読み物です。手書き地図アワードは、そんな手書き地図の持つ魅力を日本全国各地、いや世界中に伝えることを目的として2022年度からスタートいたします。

 

■手書き地図アワード設立背景

手書き地図推進委員会では、小学校の総合の学習の時間の中で出張授業の機会を多くいただいており、その中で手書き地図の魅力や実際の作り方のポイントなどを中心にお話しをさせていただいております。年度末には完成した素晴らしい作品を送っていただくのですが「もっとこの作品をたくさんの人に知ってもらう機会はないだろうか?」と考え始めました。普段、私たち手書き地図推進委員会のワークショップを通して完成した手書き地図は、紙に印刷したものはもちろんのことブックカバーや手提げ袋としても流通させ、たくさんの人に見ていただく機会を創り出してきました。小学生のみなさんの素晴らしい作品をたくさんの人に見ていただく機会とともに日本中の地域の面白い物語を共有する発表の場を作りたい。そんな思いではじまったのがこの手書き地図アワードです。

 

■対象

全国の小学生(1年生〜6年生まで学年は問いません)

 

■応募の手順

1:エントリー

応募を希望する小学校または小学生グループは、応募フォームより事前エントリーをしていただき、その後完成した手書き地図を事務局にお送りいただきます。エントリーは学年クラス、またはグループ単位での応募を前提といたします。応募は学校の先生/保護者の方が応募フォームにご記入いただきます。

 

2:一次審査

一次審査では、応募時に入力された情報をもとに「審査対象が手書き地図憲章に合致するか」、また「一定の要件を満たしているか」を判定いたします。

 

3:二次審査

二次審査ではオンラインでのプレゼンテーション大会を実施いたします。実際に描いた手書き地図を掲示しながら手書き地図に対する作者の皆さんの街に対する熱い思いをプレゼンテーションしていただきます。

 

4:アワード/各賞の発表

二次審査終了後に手書き地図アワードや各賞の発表を行います。

手書き地図アワード:大賞/審査員特別賞複数点を予定

 

■エントリー方法

まずはこちら事前エントリーフォームからご応募ください。
事前に応募規約をご確認の上お申し込みください。

https://forms.gle/TK3oKa13hegVaEue7

 

■エントリー料について

エントリー料は無料です。

 

■審査委員

研究員:川村 行治/大内 征/跡部 徹/赤津 直紀

公式絵地図作家:江村康子

 

■スケジュール

事前エントリー期間:2022年6月13日〜2022年11月30日

手書き地図提出期間:2022年12月1日〜2023年1月31日

一次審査:2023年2月上旬

二次審査:2023年3月上旬(オンラインプレゼンテーション会)

※一次審査と二次審査の日程は7月ごろ発表予定です


手書き地図推進委員会は、2013年に発足し手書き地図を作成するワークショップを通して、自分たちの住む地域の魅力を再発見しその魅力を外の人に知ってもらう活動を中心に行なっている団体です。Dig Map Discover Localというコンセプトのもと「街へのラブレーター」「足だけでなく心を動かす地図」「あなたの日常は誰かの非日常」などをキーワードに、まちおこしや地域学習の現場で誰でも気軽に参加できるワークショップを全国各地で多数開催しています。また、活動を取りまとめた書籍「地元を再発見する! 手書き地図のつくり方」を出版し手書き地図の普及に努めています。
2020年にグッドデザイン賞 地域コミュニティ部門を受賞。

手書き地図アワード2022事務局

info@tegakimap.jp

 

主催:手書き地図推進委員会

協力:学芸出版社
株式会社インセクト・マクロエージェンシー/株式会社空気読み/ローカライズプロダクション

CONTACT

  • img_mailinfo@tegakimap.jp

〒101-0051
千代田区神田神保町2-48 3510ビル 401
株式会社ロケッコ 手書き地図推進委員会事務局

  • img_tw
  • img_fb
  • img_hb