Members

Members

手書き地図推進委員会の
ゆかいなメンバーをご紹介します。

走る男!、川村 行治

  • 研究員

  • 走る男!、川村 行治

  • (株)インセクト・マイクロエージェンシー代表
    東京都中野区生まれ、小金井市育ち、神奈川県茅ヶ崎市在住。 広告代理店のデルフィス、アサツーDKを経て、思う事あり起業。「豊かなコミュニケーションの成立」を合い言葉に、デジタルサイネージを活用したオウンメディア設計、スマホなどのアプリケーション開発や/コンテンツ制作を主に。人とのインターフェースを考えるだけで、ご飯三杯おかわり。今回手書き地図の楽しさ、そこに透ける著者の「人」を想うとさらに3杯。ごっつぁんです。

末っ子、赤津 直紀

  • 研究員

  • 末っ子、赤津 直紀

  • 株式会社ロケッコ/株式会社インセクトマイクロエージェンシープランナー
    茨城県笠間市出身。株式会社デルフィスでウェブプランナー、営業を経へて株式会社ロケッコに。地域を支援するO2Oサービスを展開。株式会社インセクトマイクロエージェンシーでもプランナーとしてデジタルサイネージの企画支援を行っている。デジタルの利便性とアナログでしか表現できない「人感」を掛け合わせたいままでにないO2Oサービスを模索できないか?と考えていたところに手書き地図に出会い、手書き地図の世界に引き込まれる。

お茶男子、跡部 徹

  • 研究員

  • お茶男子、跡部 徹

  • 株式会社空気読み 代表取締役メディアコンセプター/自由大学「脱藩学」教授
    宮城県黒川郡大郷町出身。株式会社リクルートで「カーセンサー」「赤すぐシリーズ」編集長を経て独立。新たな視点を提供することによりユーザーの行動を変え、事業に寄与できるメディアのコンセプト設計・新規事業の立ち上げ支援を行っている。 会社・個人共に、テーマは「価値があるのに、認められてないものを紹介する」こと。手書き地図には、書き手が偏愛する「価値があるのに、認められてないもの」が詰まっているメディアとして注目している。

低山トラベラー、大内 征

  • 研究員

  • 低山トラベラー、大内 征

  • loca-rise production 代表/ソーシャルハイカー
    宮城県出身。その土地に伝わる歴史文化や物語を辿りながら山を楽しむ「文脈登山」を提唱し、低山ハイクと歴史探訪・文化体験を組み合わせた独自の視点で、山の面白さを探究中。取材情報を活かしたメディア発信と、実踏経験を踏まえた地域活性の取り組みで、これまでにない『山とソーシャル』の新境地に挑戦している。自由大学教授、NHKラジオ深夜便「旅の達人~低い山を目指せ!」レギュラー。バランスの良さよりも「カタヨリ」の方に物事の面白さを感じ、まさに『手書き地図』がもつ属人的で偏愛的な面白さの虜となって久しい。

公式絵地図作家、江村 康子

  • 手書き地図作家

  • 公式絵地図作家、江村 康子

  • グラフィックデザイナー
    新潟県長岡市出身。長野県佐久市在住。夫・長男・長女・ネコ2匹と住む自宅の物置で制作するスーパー末端フリーランス兼主婦。手製版がMacに切り替わる頃から約12年印刷会社勤務の後、2人目の出産を機に独立。2014年「TEDxSaku」でのAD、「D39」での地元アーティストとの活動などを通して、色々な職業や地域の人に触れる機会が増え、住んでいる場所が「ただの一地方」ではなく「凄い人が住んでいる」場所であることを改めて実感。面白くするのも面白く感じるのも自分次第。手書き地図を言い訳にして、「地方」を面白がりたいと思っている。

ノマドワーカー、森内 章

  • 研究員

  • ノマドワーカー、森内 章

  • 株式会社ロフトワーク ディレクター/エバンジェリスト
    福井県出身京都市在住。Webエンジニアとしてキャリアをスタートさせた後、ディレクターに転身。以降一貫してWebメディアやサービス、アプリの企画・設計・運用に携わってきたWebディレクター10年選手。東京で体験した震災を機にローカル志向のキャリアプランに目覚め、2013年学生時代を過ごした京都に帰還。地方でのクリエイターの生き方と情報発信を研究しているうちに、メディアとしての手書き地図の可能性に惹かれる。好きな言葉は「Open & Share」、長いものに巻かれることが苦手。

本家絵地図作家、中尾 仁士

  • 研究員

  • 本家絵地図作家、中尾 仁士

  • Webディレクター
    滋賀県長浜市出身。10年間のWebデザイナーを経て、現在はプランニングもするWebディレクターとして制作会社で働いています。学生時代に勉強した都市計画やまちづくりの知識と、昔から好きなイラストを描くことをを仕事やプライベート両面で活かすことを画策中。小学生のこどもとあちこちおでかけ好きなWebディレクターです。

子煩悩、水澤 充

  • WEB野郎

  • 子煩悩、水澤 充

  • ディレクター/デザイナー
    千葉県柏市出身。中学は卓球部。高校はラグビー部。大学の専攻は化学。ひょんなことから創業期の制作会社に飛び込み、主に紙媒体のディレクション及びデザインを経験。震災と会社解散を機に独立。グラフィックデザインからweb制作、さらに自由大学のキュレーターなど、デジタルとリアルと公私を混同しつつ、活動の場を拡げている。「もっと日本を楽しむ」をテーマに活動するなかで、手書き地図推進委員会のWEB野郎に。2016年第一子が誕生し、日々一緒に大騒ぎ。

イケ麺だいすき、おかともみ

  • 新入り研究員

  • イケ麺だいすき、おかともみ

  • OL代表
    神奈川県出身。三崎で生まれ、横須賀へ移り、横浜で暮らし、鎌倉で働いていた生粋の神奈川県民。海沿いを走る鉄道会社に勤務していた頃の仕事内容は、沿線の町歩きでした。観光でいらっしゃる方へ新鮮な情報をお伝えするためです。その角を曲がると美味しいもの、あっちはいい景色、と、頭の中に地図を作っていました。現在は、気ままに美味しいものを探し歩いています。だいたい赤提灯にたどり着き、カウンターで酒のつまみをつまみに、白いご飯を食べて幕引き。そんなこんなが手書き地図推進のお役にたてるように、がんばらせてくださいっ!

エバンジェリスト

手書き地図推進委員会の活動を
それぞれの専門領域から応援してくれている、
委員会公認・最強の“伝道師”のみなさんです!

  • 小川 尚志

    古代文字書家

    小川 尚志

    トリック&トリート代表/食のまちおこし総合研究所
    愛知県産。リクルート在籍時、立ち上げ期のじゃらん編集部で、トレぺを何版も重ねて手書きやテープで道をトレースしていた時代に“マッパー”と呼ばれた男。「あるじゃん」「ケイコとマナブ」編集長を経て、野村証券のネット専業証券立ち上げに関わり、その後独立。現在は主に、B-1グランプリを主催する(社)愛Bリーグで全国のまちおおこしをお手伝い中。ふるさとの宝物探しに“地図”が欠かせないと感じつつ、全国で美味い物を探す日々。
    座右の銘は、「地を離れて人なし、人を離れて事なし、故に人事を論ぜんと欲せば、先ず地理を観よ」吉田松陰 幽囚録付録

地域支部メンバー

手書き地図推進委員会の公式プログラムによって
「地域支部」に認定されている、地元を愛するみなさん。
地域を盛り上げるべく、日々アレコレと取り組んでいますよ!

  
  • マップカフェ

    静岡支部

    マップカフェ

    MAP CAFE シズオカ
    静岡の楽しいもの、面白いもの、美味しいもの。そんな魅力がギュッと詰まった「ご当地マップ」それをコレクションして情報発信していくことを目的に結成された集まり。 地図を中心としたまちづくり活動や、人や街の魅力にフォーカスしたWS、展示企画などを行っている。

マップハンター

実は日本各地にたくさん眠っている、面白い手書き地図。
すごい地図見つけたよ!っていう、
委員会を盛り上げてくれる仲間たちです。

  • 黒田智子

    黒田智子

    神奈川県二宮市を中心に活動しているマップハンター。 ~自然と心豊かに暮らす~をテーマにした日常の旅処「旅花 たびはな」をベースに活動中。

マップクリエイター

暮らしている町、スキになってしまった地域。
その魅力を地図にしてしまった、
熱き作り手の仲間たち。

  • 姉帯美保子

    姉帯美保子

    クリエイティブワークス代表 / 空間演出プランナー 『町も空間!』がキャッチフレーズ。町空間を舞台に日々の暮らしや旅を演出する活動を展開中。 北海道浦河町出身、札幌市在住の道産子。

  • ふりはたかよこ

    ふりはたかよこ

    長野県下諏訪を中心に活動中。歩いては地図を描く、アルキニスト。
    活動レポートに登場。

CONTACT

  • img_tel0466-54-7555
  • img_mailinfo@tegakimap.jp

〒251-0032 神奈川県藤沢市片瀬4-16-26-402
株式会社ロケッコ 手書き地図推進委員会事務局

  • img_tw
  • img_fb
  • img_hb