活動レポート

高校生と商店街の繋がりから知る魅力 仙台市連坊ワークショップ 「一高チーム」レポート

2017年09月08日


佐藤遥
レポート:佐藤遥

<みんな笑顔で一高ポーズ!!>

 

◎WE PROJECT SENDAI × 手書き地図推進委員会

今回の手書き地図ワークショップの舞台は宮城県仙台市の連坊エリア。WE PROJECT SENDAIのプログラムの1つとして開催されました。連坊は仙台駅から徒歩圏内で、商店街が広がっていたり、仙台一高や仙台二華中·高があり学生さんもたくさんいる地域です。そんな連坊の手書き地図を3つのチームに分かれて作成しました。その中の1つ、私がご一緒した『一高チーム』の手書き地図完成までの道のりをレポートしていきます!

 

<1日目>

◎連坊ってどんなところ??

1日目は自分が知っている連坊のウワサ話や歩いてみた時に気づいたことを出し合って、チームごとにテーマを設定します。様々なバックグラウンドを持つ方が集まっているので「気づき」の視点も違い、おもしろいネタがたくさん出てきます!白地図があっという間にウワサ話でいっぱいに。

チームのメンバーの中に、連坊にある仙台一高出身の方がいて一高に関するウワサ話もたくさん出てきます。

応援団の学ランがすごい!、商店街の魚屋さんで魚を買って学校でBBQをした、休み時間になると近くのコンビニやラーメン屋さんに一高生がたくさん出没する…などなど。

その中で浮かび上がってきたのが「一高生の生態」というテーマ。仙台エリート(!)の一高生は、学校のある連坊とどのように結びつきながら暮らしているのか、実態をまとめた手書き地図を作ることに決まりました!

 

<2日目>

◎連坊を歩いてみよう!

2日目はフィールドワークとマップメイク。チームごとにどこを歩いて誰に話を聞くか相談して、いよいよ出発です。

 

◎熱気と若いパワーに溢れる壱高祭

最初に向かったのは仙台一高。ちょうど文化祭の一般公開日で大盛り上がりの高校生に、連坊でよく行くお店からデートスポットまで根掘り葉掘り聞いてきました!

取材に協力してくれた競技かるた部さんと1戦。フィールドワークに出ると普段はあまり話す機会のない人たちとも出会えるのでとても新鮮です。取材に協力してくれた高校生のみんな、ありがとう!

一高生の暮らしの実態が見えてきたところで、今度は話に出てきたお店に向かいます。

 

◎圧倒的支持率!ラーメンハウスREMBOWさん

開店前で残念ながらお話を聞くことはできませんでしたが、一高生に取材した中でNo.1の支持率でした!お店の方は「マスター」と呼ばれ親しまれているそうで、一高生の女の子はここで女子会をすることもあるのだそう。

 

◎ゴエンを大切に、萩乃屋さん

通学する高校生を見守る萩乃屋さん。お買い物をするとお会計のときに、「ご縁がありますように」とお店の方が5円玉をくださいます。萩乃屋さんには、一高の卒業生の方が今でも顔を出しに来てくれるそうです。そんなお話を聞いてチーム一同ほっこり。美味しいでんがく餅をいただいてさらにほっこり。笑

 

◎一高生が愛すべき大黒屋さんのがんづき

このがんづきは一高生の「青春の味」と言っても過言ではないほど一高生と深い結びつきがあります。何かイベントがあれば先生ががんづきを生徒さんに配るという伝統があるそうです。こんなにあったがんづきが私たちの取材中に売り切れるほどの人気ぶり!

 

◎高校生の出会いの場?!元祖東京いか焼きさん

こちらのいか焼き屋さんには一高生だけでなく、同じく連坊にある二華高校の生徒さんもたくさん訪れていました。ここで2つの高校の生徒さんが出会っちゃったりして…♡なんていう想像を繰り広げた一高チームなのでした(笑)

 

◎いよいよマップメイクと発表会!

取材を元に地図作りがスタート。書きたいことがどんどん溢れてきて真っ白な模造紙があっという間に連坊のディープな情報で埋まりました。「あ、こんな話もあったよね!」なんて言いながらつけたしてつけたして、完成した地図がこちら!

どーーーーん!!

その名も、『一高生生態MAP-知られざる仙台エリートの実情を暴く-』。取材した一高生の力も合わさって世界に1つだけの地図が完成しました!

大トリを飾った一高チーム。発表中も終始笑顔で楽しかった様子が伝わってきました。地域と人の関わりという視点で街歩きをして、そこにあるお店、そこで働く人の物語を知ることができた2日間だったのではないでしょうか。

 

◎あなたにとっての連坊って?

ある参加者の方が、連坊を『心のふるさとになる街』と言っていました。自分が生まれ育った街以外にも、いつ来ても温かく迎えてくれる人がいる場所、帰ってきたくなる場所があるってとても素敵なことだと思います。そんな場所や人に、「手書き地図作り」というきっかけを通してたくさん出会ってもらえたら嬉しいです!

最後はWEポーズでパシャリ。『W』の作り方も人それぞれで味があっておもしろい!WE PROJECT SENDAIのみなさん、2日間ありがとうございました☺

投稿日:2017年09月08日

CONTACT

  • img_tel0466-54-7555
  • img_mailinfo@tegakimap.jp

〒251-0032 神奈川県藤沢市片瀬4-16-26-402
株式会社ロケッコ 手書き地図推進委員会事務局

  • img_tw
  • img_fb
  • img_hb