活動レポート

4月19日は「地図の日」。伊能忠敬が自費で東北の測量に出発した日です

2014年04月18日

本日、4月19日は「地図の日」です。

なぜ、4月19日が地図の日になったかというと…

1800年の4月19日に、伊能忠敬が東北の測量に出発した日を記念して、地図の日となっています。

当時、伊能忠敬は商人として、酒造と金融業によって得た資金を元に、自費で東北の測量に挑戦しました。それが後に認められ幕府の仕事として「御用」の旗をもって測量を行うことができました。

せっかくの地図の日、手書き地図推進委員会としても、尊敬する伊能忠敬先生に活動のご報告を行いました。(研究員の跡部がtwitterにて実施)

と有り難いお言葉を頂戴しました。

手書き地図推進委員会、伊能忠敬先生の名に恥じぬよう、これからも精進してまいりします。

2014年地図の日 手書き地図推進委員会 研究員 跡部徹

跡部 徹

レポート:跡部 徹

投稿日:2014年04月18日

最近お知らせ

CONTACT

  • img_mailinfo@tegakimap.jp

〒101-0051
千代田区神田神保町2-48 3510ビル 401
株式会社ロケッコ 手書き地図推進委員会事務局

  • img_tw
  • img_fb
  • img_hb